食材の特徴を知ることで「いつの間にかダイエット」

痩せるために、「ただ食べなければいい。」「特定のものだけ食べればいい。」
そうしたダイエットの方法では、一時的には痩せるかもしれませんが、
逆に体が食物を欲しがり、さらにリバウンドということにもなりかねません。

継続的に体型を維持したいのであれば、食生活を見直す必要があります。
自分で改善できることは改善し、工夫する。テレビや雑誌でのダイエットの流行に
飛びつく前に、自分の頭で考えて自分で食べるものを考える。
そうすることによって、健康的でスリムな体は自然と得られるようになっていきます。


日々の食生活にすぐに活かせるように、書いてあることは大切なことだけ、シンプル
過ぎるくらいな構成になっております。
一人でも多くの方に、このサイトが参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

食物の特徴を知ることでいつの間にかダイエット

数字をクリックすると、各ページへ移動します。

肉の特徴 肉の特徴を知る 【1】 【2】
普段何気なく食べている肉と言えば、牛肉、豚肉、鶏肉、最近では
ラム肉なども多いです。それぞれの肉の特徴を掴んで、ダイエットに
生かしましょう。
魚の特徴 魚介類の特徴を知る 【1】 【2】
魚介類にもそれぞれに特徴があり、種類や食べ方や調理方法に
よってはヘルシーにもカロリーオーバーにもなります。
素材の工夫 素材の工夫【油、野菜】 【1】 【2】
油と野菜の素材の工夫について。油をなるべく使わないようにし、
野菜を多く取るということが、健康的なダイエットの重要なポイント
の一つになります。
お菓子の食べ方を見直すお菓子の食べ方を見直す 【1】 【2】
スナック菓子を始めとするお菓子やケーキなどのスイーツ。
ダイエットには大敵とわかっているのについつい食べてしまう…。
我慢したらその反動で、たくさん食べてしまうかもしれません。
主食を賢く取り入れる主食を賢く取り入れる 【1】 【2】
食事の主食と言うと、ご飯やうどん、蕎麦、パスタ、ラーメンの
ような麺類、パンなどが挙げられます。それぞれの主食と呼ばれる
食材にも特徴があります。
食べ方を見直す食べ方を見直す 【1】 【2】 【3】
食べ過ぎないようにする食べ方の工夫について。
できることから始めて、それが習慣化されるようになるのがベスト!
どれも基本的で、実践しやすいものです。
血糖値と脂肪の関係血糖値と脂肪の関係 【1】 【2】
私達が普段から食べている食材(主にご飯や麺、果物など)の
炭水化物は、体内に取り込まれると糖質に変化して、最終的に
エネルギーとなります。
調理法の工夫調理法の工夫 【1】 【2】
普段の調理法を見直してみると、必要以上に油を使って料理
していることが多いことに気づくと思います。調理法を工夫して、
美味しさそのままカロリーダウン。
食物繊維を日常的に取り入れる食物繊維を日常的に取り入れる 【1】 【2】
カロリーダウン&体の中のお掃除に食物繊維は欠かすことは
できません。「食物繊維を制するものはダイエットも制する」とも
言える食物繊維をよく知り、ダイエットに生かしましょう。
栄養のことを知る栄養もきちんと取ってダイエット 【1】 【2】
たとえダイエットに成功したとしても、栄養の偏っている方法なら
リバウンドしてしまう可能性は大。リバウンドせずに体型を保つため
には普段の食生活を見直すことも必要です。
脂肪、糖質の代謝を助けるビタミン脂肪、糖質の代謝を助けるビタミン 【1】 【2】
脂肪や糖質の代謝を助けてくれるビタミンにビタミンB1、B2、B6が
あります。いずれも水溶性のビタミンなので、多少取りすぎたとしても、
尿として排泄されます
水分の取り方を見直す水分の取り方を見直す 【1】 【2】
人の体の約60%は水分でできています。水を飲むことにより
新陳代謝も促され、デトックスの働きも。便秘の原因にもなる
水分不足、意識して取りたいものです。
水分の代謝を良くするとは?水分の代謝を良くするとは? 【1】
「水太り」という言葉があるにしても、0カロリーである水を飲み
過ぎて太ることはありません。もしあるとするならば、水分の代謝が
上手く行われないことが原因ということも。
エネルギー代謝と栄養素エネルギー代謝と栄養素 【1】 【2】
消費カロリーよりも摂取カロリーの方が高い状態が続いていくと、
カロリーオーバー=太ってしまうことに。だからと言って、カロリーを
計算しながら食べ続けるのはなかなか難しいですね。
エネルギー代謝についてエネルギー代謝について 【1】
エネルギーの代謝について知っておくと、どうして太るのかがわかって
きます。エネルギーの代謝について基本的なことを押さえて食生活に
生かしていきましょう。
造血作用のあるものを食べよう造血作用のあるものを食べよう 【1】
基礎代謝をアップさせて脂肪を燃やすには体を温める必要があります。
そのためには造血作用のある食材を取り、血液を充分に流す必要が
あります。
血のめぐりをスムーズにする血のめぐりをスムーズにする 【1】
体を温めても血液の流れが悪いと、全身に熱が行き渡りません。
血液の流れが悪くなる理由には、食生活の他、ストレスや運動不足
などもあります。
体を温め代謝を促進体を温め代謝を促進 【1】
ダイエットに成功したとしても、体のエネルギー代謝が悪いままだと、
以前と同じ体型に戻ってしまうと可能性もあります。体を温める食材を
取って、代謝をアップさせましょう。