いつの間にかダイエット|食物繊維のことをもっと知ろう

いつの間にかダイエット 食物繊維を日常的に取り入れよう

カロリーダウン&体の中のお掃除に食物繊維は欠かすことはできません。
食物繊維は便秘がちな人にもそうでない人にも積極的にとって欲しい食材です。
食物繊維で腸をお掃除すれば肌も体の中もキレイになります。
「食物繊維を制するものはダイエットも制する」位の気持ちで食物繊維を
よく知り、ダイエットに活かしましょう。

スポンサードリンク

食物繊維の働き 血糖値の上昇を抑えるメリットとは?

食物繊維には、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きがあります。
なぜ血糖値が高くなるのがいけないのかというと、血糖値の上昇が高くなると、
脂肪を蓄えるホルモンが活発になり、脂肪を溜め込みやすい体になって
しまうからです。
食物繊維はこの血糖値の上昇を抑える働きがあります。

また、食物繊維は腸内で水分と不要物を取り込んで排出させるという腸の
お掃除をすることにより便秘の予防をします。
そして食物繊維には腹持ちのよいものが多いので、食欲を抑えることもできますし、
多く食べても低カロリーというメリットがあります。

食物繊維の種類

食物繊維には、「水溶性」の食物繊維と「不溶性」の食物繊維があります。
腸の健康のためには、水溶性、不溶性を1:2でとることが理想とされています。

水溶性食物繊維
水溶性の食物繊維には食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。
そのため、血糖値の上がりやすい食材と一緒にとるようにするとよいです。
水溶性食物繊維を多く含む食材には、海藻類、こんにゃくや熟した果物などが
あります。

不溶性食物繊維
不溶性の食物繊維にはごぼうのように噛み応えのあるものが多いです。
消化されにくいので腹持ちがよいです。
便のかさをふやし、腸内の不要物も外に出すなど腸のお掃除番です。
不溶性食物繊維を多く含む食材には、ごぼうや小麦ふすま、豆類、穀物
野菜、えびやかにの殻などがあります。