いつの間にかダイエット|健康的なスリムになるために

ダイエットするなら栄養のことも知っておこう

普段から何気なく食べている食材。その食材が私達の体を作る元になっています。
たとえダイエットに成功したとしても、その方法が栄養の偏っている方法で
行った場合、リバウンドしてしまう可能性は高くなってしまうのです。
リバウンドせずに体型を保ちたいなら、普段の食生活を見直すことから始めて
みましょう。

・食材に含まれる基本的な栄養素
食材にはさまざまな栄養素が含まれています。
その栄養素によって私達の体は作られ、エネルギーの代謝を繰り返し、
使われたものは不要物として体外に排出されています。

スポンサードリンク

3大栄養素

体作りの土台になる一番大切な栄養素が、「炭水化物、脂質、たんぱく質」の
3大栄養素です。この栄養素が足らないと、体作りもエネルギーの代謝も上手く
行うことができません。
ダイエットをするならこの3大栄養素を工夫して取ることが重要です。

炭水化物は主食であるご飯やパン、麺、とうもろこしなどに多く含まれています。
脂質はその名前の通り、油やバターなどです。
たんぱく質は肉や魚、卵や大豆などから取ります。

炭水化物は分解されると糖質になります。油やバターなどは脂質です。
この糖分と脂質はたんぱく質同様に体を作る上ではなくてはならない存在
なのですが、多く取りすぎてしまうと、肥満の元になります。特に脂質は、
糖分からも生成される成分なので、取りすぎに注意です。

たんぱく質はアミノ酸という成分が集まってできたものです。アミノ酸の中でも、
体の中で生成されないアミノ酸は必須アミノ酸と言い、この必須アミノ酸が
足らないと、全体的にタンパク質が不足してしまいます。
上にあげた肉や魚、卵や大豆などの食材には、その必須アミノ酸が多く含まれて
います。

5大栄養素

3大栄養素に、ビタミンとミネラルを足したものが5大栄養素と呼ばれています。

【ビタミン】
ビタミンは主に野菜や果物に多く含まれており、他の栄養素などの働きを助け、
体の調子を整える大切な役割をしています。

ビタミンには水溶性と脂溶性のビタミンがあり、普段の食生活の上でビタミンを
摂取する分には特に問題はありませんが、サプリメントで取る場合、脂溶性の
ビタミンは取りすぎると体に不調が出ることがあります。

【マグネシウム】
ビタミンと同様に微量栄養素を言われるミネラル。
ミネラルには亜鉛やナトリウム、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウム、鉄
などがあり、主に海草や小魚、牡蠣、プルーンなどの果物に多く含まれます。

ミネラルを摂取する量はわずかでも構わないのですが、とても重要な働きをします。
不足するとエネルギー代謝が悪くなったり、味覚障害を起すなど、体に不調を招く
こともあります。