いつの間にかダイエット|魚の特徴を知っておこう2

いつの間にかダイエット 魚介類の特徴を掴んでおこう!2

魚介類でも、貝類、イカやカニなどは比較的低カロリーの食材ですが、
加工品や調理方法によっては高カロリーになることもあります。
魚卵は総じて高カロリーです。

スポンサードリンク

貝類/イカ/カニ 低カロリーで高栄養。加工品に注意して

あさりやカキ、しじみなどの貝類は低カロリーにもかかわらず、
人の体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。
しかし、あさりは佃煮などにしてしまうと一気にカロリーが高く
なるので注意しましょう。カキも同様に、調理するなら鍋の具にしたり
生食するなど素材そのものを味わうようにすると良いです。

イカやかにには血圧やコレステロールに良いとされるタウリンという
栄養素が多く含まれており、なおかつ低カロリーの食材です。
ただし、イカも燻製やスルメ、サキイカなどに加工してしまうとカロリーが
はね上がりますので注意しましょう。

魚卵は高カロリー

魚卵は、子持ちししゃもや子持ちカレイといった子持ち魚や、
かずのこ、たらこ、明太子、いくら、とびこなどあります。
その名前の通り、魚の卵のことを指します。
魚卵には、たんぱく質をはじめ、DHAやEPA、ビタミン、ミネラルが
豊富に含まれていますが、総じて高カロリーです。

ご飯のお供としても魚卵は美味しいものが多いので、魚卵の取り過ぎ
以外に、ご飯の食べ過ぎにも注意しましょう。

魚の缶詰、カロリーがこんなに違う

注意したい魚の缶詰
魚の缶詰には水煮缶や油漬缶などがありますが、油漬缶は水煮缶と比べて
3倍近く高カロリーになります。
また、味噌煮や甘しょっぱく味付けされた魚の缶詰のカロリーも高いです。
魚の缶詰を買うなら水煮のものを。